病院の治療以外で癌を消した!根治した!そんな商品まとめ!

癌治療に対する情報一覧

 

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

癌は未知数が高い病気です。生存率が3ヶ月と診断されても5年以上生きる事が出来たり、医者からは治療で治す医療行為は止めてあとは延命だけにしようと言われた患者の癌が小さくなったり、消えてしまったりしますよね!

 

 

脳梗塞や心筋梗塞などの他の命に関わる病気との違いは「可能性がある」病気とも言えます。そして万が一消えてくれれば後にも障害は残りません。(部位切除などの手術をしている場合は残る)
そんな事を言ってもやはり医者の判断通りになる人が7割以上は占めると思います。

 

 

そこで、当サイトでは、病院の治療、抗がん剤など大きな副作用を伴う「治療」以外の方法で癌が治ったと実績がある癌対策商品や代替療法の有効性を中心に紹介したいと思っています。
よく新聞の広告欄などに掲載されている怪しい感じの広告は省いて「癌が消えたor小さくなった実績がある」のかを公式サイトを通して確認したものだけを掲載しています。

 

 

病院の治療でも100%の確実がない癌治療は当然、サプリメントやエキスなどの市販商品でも確実性はないです。
そこで当サイト管理人は商品の抜粋に関しては「実績あり」を重視しています。

 

 

癌が治った・縮小された癌対策商品のまとめ


癌が治った実績や縮小した実績、増殖を抑止出来た実績がある癌対策商品のまとめです。
これらは代替療法の一環であるサプリメントや漢方、エキスなどで市販購入が出来るタイプの商品です。

 

 

 

癌が治った実績ありのサプリメント

姫マツタケ【ABPS】

神のキノコの異名を持つアガリクスは癌の代替療法サプリとしても定着していますね!
そんなアガリクスの中でも化学的根拠があり、日本癌学会と日本薬理学会で100近い研究報告があるのが「姫マツタケ」です。

 

 

そんな姫マツタケエキスを凝縮させたサプリメントです。
癌の改善報告の記事を拝見すると年齢が高めの人に改善結果が多いように思えます(私見)

 

 

【国産姫マツタケ:ABPS】

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

癌が治った実績ありのエキス

全分子フコイダンエキス

癌の研究学会でも有用性が発表された期待が出来る癌対策エキスです。
癌細胞の増殖を縮小・抑制する作用がある成分「p53誘導体DBグルコース」を多く含む商品として注目を浴びている商品です。

 

 

【p53誘導体DBグルコース】配合の全分子フコイダンエキス

 

 

 

CBD配合の食用オイル

大麻草から抽出した純度が99%の食用部分のオイルです。
不純物ほとんど含まないそのオイルは世界最高濃度のCBDとして認知されています。

 

 

世界では末期の癌の他に、アルツハイマー病、難病ALS、うつ病の改善報告が挙がっています。
日本でも購入が出来るようになりました。(日本での癌改善報告の記事はまだ見受けていません)

 

 

世界最高純度のCBDオイル取扱ショップ【CBDダイレクト】

 

 

 

 

癌が治った実績ありの漢方薬

天仙液

天然の漢方生薬だけを配合させて作られた漢方生薬です。複合作用により癌細胞の増殖を抑制する作用があります。
副作用が少ない事も大きなメリットですが、この天仙液が最も癌対策で注目されている理由は漢方の特性である身体全体の免疫力を高める事です。

 

身体的、精神的に高める事で身体にある癌を死滅させて癌を無くす事が目標です。
口コミを拝見すると日本だけでなく海外でも使われている事が分かります。世界でも使用されている癌対策の漢方になります。

 

 

 

中國一號天仙液(強効型)

 

 

 

癌が治った実績ありの食事療法

ハーバード大学荒木式

 

 

癌の不安を希望に変える精神療法

ガン患者の不安を希望へと導く五つの教え

癌を持つ人が必ず持つと言われる「不安」を「希望」に変える精神療法。
また希望に変えるだけで免疫力の向上を図り、日本の統合医療の第一人者である「医師・帯津良一先生」が監修をした事で多くの雑誌などでも取り上げられた療法です。

 


 

「ガン患者の不安を希望へと導く五つの教え」

 

 

 

大病院が実施する癌の治療方法は大きく4種類


治療に関しての癌の対策方法は大きく4種類あります。

手術療法

癌細胞そのものを切除する方法で切除出来る場合は最も確実性が高い方法です。

 

化学療法(薬物療法)

主に抗がん剤を使う治療です。抗がん剤は癌細胞の再発や転移を防ぐ効果があります。
また癌細胞の増殖も抑制させる効果があります。

 

化学療法(薬物療法)は広い範囲に渡って癌対策が出来る治療になります。化学療法や抗がん剤と一言で言っても「分子標的薬」、「アルキル化剤」、「ホルモン剤」など種類が豊富にあります。

 

放射線療法

放射線療法は癌細胞に放射線を直接当てる事で癌細胞のDNAを破壊させ癌細胞を死滅させたり、増殖を抑える事が可能です。
放射線と言っても、エックス線、光子線(ガンマ線)、電子線、陽子線、炭素イオン線、重粒子線(中性子線など)など様々な放射線があり、病状や部位によって使い分けます。

 

緩和ケア療法(治療と同じに進行させる)

緩和ケアは以前は末期癌や転移癌の患者の治療中の痛みを緩和する目的で行われていましたが、現在の癌治療は緩和ケアを癌治療の一環として同時進行させる病院が増えています。

 

癌治療には痛みや副作用による体調不良は付き物ですので、末期癌やステージが重くなくても平行させて実践する事で患者の負担を少なくする事が目的になりました。
これからも生きる為の緩和ケアです!

 

 

手術療法、化学療法、放射線療法は「癌の3大療法」と言われてきましたが現在は緩和ケア療法も合わせて「癌の4代療法」と言われています。
これらの治療は通常、癌と診断されてから病院が施す施術になり、「標準治療」と言われます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

準標準治療もある!?癌治療のいろいろ


昔からの癌の3大治療や緩和ケアを含めた4つの治療方法の他にも「準標準治療」とも呼ばれる治療方法があります。
代替療法の枠としても考えられていますが、病院側が実施する形の場合は「準標準治療」と呼ばれています。

 

 

治療なので癌を死滅させる事が目的とされる治療方法です。
上記3大治療方法に比べると実績数や症例数は少ないですが効果は認められています。

 

準標準治療と言われる治療方法

レーザー療法

レーザー光線を出せる内視鏡により癌細胞に直接照射する事で癌細胞を死滅させる事が出来ます。
施術の仕方は大きく癌細胞を直接焼く「腫瘍焼灼法」と薬によって光を集める事で施術する「光線力学的療法」の2つがあります。

 

免疫療法

免疫を強化させる事で免疫機能が出来る体内の異物排除力を高める為の方法です。
病院側で実施する場合は細胞を摂取してからその効力を増強させて再び体内に戻す方法があります。

 

温熱療法

癌細胞に熱を与える為に身体の部位を高温にして癌細胞を死滅させる方法です。

 

ホルモン療法

ホルモン剤を使用して癌細胞の増殖を抑える事が目的の方法です。
女性ホルモンのエストロゲンを抑制させる事で癌細胞の増殖が抑えられる事が分かっています。

 

凍結療法

癌細胞を凍らせて死滅させる方法です。先端から低温の炭酸ガスを発射出来る特殊な手術器を使います。

 

 

標準治療でも癌は治す事は出来ます。特に手術による癌切除は直接的なので成功すれば確実性が高いです。
しかし、このような治療では手が付けられない場合には「代替療法」と言われる方法もあります。
また、「代替療法」を「標準治療」を補完する形で実施する「補完代替療法」と言われる形で標準治療と同じ進行させる方法も効果が認められている方法になります。

 

 

癌は「標準治療」よりも「代替療法」が注目されている!


癌を抑制したり、消したりする(除去)には一般的には病院で医者が施術する治療方法があります。
これが通常の癌治療になる為に「標準治療」と呼ばれています。

 

 

標準治療は癌のステージ、進行状況、癌の大きさ、種類、どこに発生しているか、などを総合的に判断して適切な治療が行われます。
初期のステージの癌などではこの治療方法で治す事が可能の為に初期については納得の治療ですね!

 

 

しかし、ステージが3以上の場合で、余命宣告を受けたり、転移や手術が出来ない部位に癌が出来ていたりする場合は確実性がある治療方法はありません。
その中でも適切と思える方法を医者が選択して施術するのですが、この場合は標準治療と言っても医者によって施術方法は様々です。

 

 

ステージが重く、転移をしていたり、発生部位により手術不可能だったり、副作用やその他の理由で抗がん剤や放射線治療の使用が出来ないなどの理由がある場合に癌患者が試したいと思うのが、「代替療法(準標準治療含む)」と呼ばれる癌対策方法でその方法は「ビタミンC点滴療法」、「温熱療法」、「漢方・サプリ療法」、「リンパ球療法」などです。

 

 

特に注目を浴びているのが末期癌患者やステージが重い患者の癌が完治する実績があった事です。
ただし、そのような改善に向かった人はこの代替療法を実践した人の数パーセント程度と考えています。

 

 

最後に奇跡をかけて試したものがその癌患者の癌に効果があっただけで誰もが確実にその方法を実践すれば確実に癌が消える、癌が抑制されると言うものはありません。そのような点を考えると癌が初期の場合は確実性がある手術による摘出が最もベストな治療方法です。

 

 

代替療法はあくまでも確実に治す事を頭にいれて実践するのではなくて可能性を信じて実践する手法なので末期がんや転移癌、ステージが重く医者から治す治療を見捨てられてしまった癌などの対策として実践する事が多いですが、最近では補完的に治療と合わせる代替療法も注目を集めています。

 

病院の治療と合わせてこの代替療法を実践する場合は癌治療を補完する形から「補完代替療法」とも言われています。

 

このようなステージが低い時から病院側の治療と合わせて代替療法を実施する事でより根治性を高める事になり、現在大病院の医者も注目している方法です。

 

ステージが重くなってから慌てて代替療法に走るのではなくて、ステージが低い時に治療が出来るからと安心せずに治療と合わせて代替療法を実践する事がベストな癌治療方法になりますね!
このステージで確実に癌を根治させていれば再発や転移の可能性はぐっと低くなります。

 

 

癌の代替療法の種類・一覧

準標準治療と代替療法のはっきりとした区別がない為に、準標準治療と混同している代替療法もあります。
また、瞑想系やイメージ療法などは緩和ケアとして痛み改善の目的で実施する事もありますが、免疫力を上げるという点で癌細胞の抑制にも繋がります。

 

 

代替療法@ 健康食品
代替療法A サプリメント
代替療法B ホメオパシー
代替療法C オステオパシー
代替療法D カイロプラクティック
代替療法E シュタイナー医学
代替療法F アロマテラピー
代替療法G レインボー療法
代替療法H タッピング療法
代替療法I 柔道整復術
代替療法J 音楽療法
代替療法K 波動療法
代替療法L 前世療法
代替療法M 整体
代替療法N リフレクソロジー
代替療法O ホリスティック医学
代替療法P フラワーエッセンス療法
代替療法Q リラクゼーション療法
代替療法R 認知行動療法
代替療法S 瞑想療法
代替療法? イメージ療法
代替療法? 催眠療法
代替療法? エネルギー療法
代替療法? 神経伝達調整(NTA)治療
代替療法? 経絡色体療法
代替療法? 宝石光線療法
代替療法? 薬石浴ベッド療法
代替療法? 光線療法
代替療法? 微弱電流療法
代替療法? ビタミンC点滴療法
代替療法? 漢方療法
代替療法? リンパ球療法

※これらの代替療法は症状の緩和を目的とした代替療法も含まれます。
癌対策、癌抑制などの効果を期待する場合はサプリメントや健康食品系などが該当します

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

代替療法には予防効果もある!


代替療法は癌細胞を根治させたり、縮小させる事を目的として実践すると前述しましたが、その他にも予防としての効果は高いです。
特にサプリメントや漢方、エキスなどの癌抑制効果があるものは癌自体の増殖を抑制させる効果から癌の再発や転移を予防するのにも医者が薦める方法でもあります。

 

 

予防として代替療法をするべき人は過去に癌の手術や治療を実践して現在は癌が身体に無い状態を保っている元癌患者、また家族に癌を発症した事があるような癌家系と言われる家系の人も予防策は事前にしておくべきと言えますね!

 

 

代替療法の予防をするべき人
@代替療法で予防すべき人 元癌患者・癌の経験が過去にある人
A代替療法で予防すべき人 血が繋がる家族に癌を発症した家族がいる場合(癌家系)

 

 

 

癌の部位別!サプリメントor食事で癌抑制効果が認められた成分


アメリカの最高学府ハーバード大学が癌の研究成果を出しました。
研究の内容は代替療法の有効性や安全性です。安全性は高いという結果になり、有効性は癌にもよるというデータを出しました。
以下ハーバード大学の癌研究のまとめです。

 

(引用元:ハーバード大学によるがんの代替療法の有効性と安全性のまとめ)

 

ハーバード大学研究結果による癌の代替療法の有効性(サプリメント+食事)

対策出来る癌(部位or癌総合) 対策方法(サプリor食事) ハーバード大学の姿勢
乳癌 脂肪制限 容認して経過観察と発表
前立腺癌 脂肪制限 容認して経過観察と発表
前立腺癌 ビタミンE含有サプリメント 潜在性前立腺癌については推奨+経過観察と発表
乳癌 大豆サプリメント 容認して経過観察と発表
癌(総合的) マクロバイオティック食 容認して経過観察と発表
癌(総合的) サメ軟骨系(サプリor健康食品) 容認して経過観察と発表

 

癌対策に有効でない(反対)とされたサプリメント(ハーバード大学研究結果)

癌の種類or総合的癌 対策サプリメント ハーバード大学の評価・考え
癌(総合的) ビタミンAサプリメント 有効性に反対+経過観察
癌(総合的) ビタミンCサプリメント 有効性に反対+経過観察
乳癌 大豆サプリメント 有効性に反対+経過観察

 

4つの癌を治す治療・療法の徹底比較!


癌を直接的に治す事に実績がある方法は治療の他に代替療法なども含めると大きく4つあります。
緩和ケア療法や痛みを和らげるタイプの代替療法などは「治す」事ではなくて痛み緩和の目的なので省いています。

 

癌を治す事だけに着眼した4つの方法を比較してみました。

 

手術治療
対応する癌の状態・病態 メリット デメリット
通常癌ステージが0〜U期まで・癌細胞が局所に限定的である事 根源から完治させる事が出来やすい 部位による困難・合併症の危険・年齢により可否が決まる・機能損失の可能性あり

 

放射線治療
対応する癌の状態・病態 メリット デメリット
通常癌ステージがT〜V期まで・癌細胞が局所に限定的である事 機能の欠損がない・身体全身の影響が少ない・早期の癌なら完治成績が高い 粒子線治療費は高額費用になる

 

化学療法(薬物療法)
対応する癌の状態・病態 メリット デメリット
遠隔性転移の癌・白血病・全身渡る癌の場合 癌増殖を抑える効果・延命的な治療なら可能 副作用が強い・完治力は弱い(あくまでも癌増殖を抑える事がメイン)

 

代替療法(健康食品orサプリメント)
対応する癌の状態・病態 メリット デメリット
ステージの有無はない・末期でも可能性がある(商品による) 確実は無いが実績があり可能性がある・完治実績がある・増殖抑制実績がある 手術や放射線治療のように確実性がない・治るか治らないかは未知数・

 

 

部位別の癌の治療方法一覧

胃癌 胃癌の治療方法
陰茎癌 陰茎癌の治療方法
肝臓癌 肝臓癌の治療方法
甲状腺癌 甲状腺癌の治療方法
後腹膜腫瘍 後腹膜腫瘍の治療方法
悪性骨腫瘍 悪性骨腫瘍の治療方法
子宮癌・子宮頸癌 子宮癌・子宮頸癌の治療方法
食道癌 食道癌の治療方法
腎臓癌 腎臓癌の治療方法
腎盂尿管癌 腎盂尿管癌の治療方法
膵臓(すいぞう)癌 膵臓癌の治療方法
精巣癌 精巣癌の治療方法
前立腺癌 前立腺癌の治療方法
大腸癌 大腸癌の治療方法
胆道癌 胆道癌の治療方法
咽頭癌 咽頭癌の治療方法
乳癌 乳癌の治療方法
肺癌 肺癌の治療方法
副腎癌 副腎癌の治療方法
膀胱癌 膀胱癌の治療方法
卵巣癌 卵巣癌の治療方法

 

ステージ別癌の治療方法

ステージ0 ステージ0の癌治療
ステージ1(T) ステージ1(T)の癌治療
ステージ2(U) ステージ2(U)の癌治療
ステージ3(V) ステージ3(V)の癌治療
ステージ4(W) ステージ4(W)の癌治療

 

 

 

スポンサードサーチ

代替療法はステージ4(W)の末期癌だけでなくステージ0も!?


ステージが3の後期や4になると総合病院や大病院などでは癌を治す治療はせずに延命治療に走る場合が多いです。
大病院という中に置いては医者は健康保険が適用になる標準治療である「癌の3大療法(手術・抗がん剤・放射線)」をすべてとして実践する事が多いです。

 

 

この3つの方法で効果が得られないと判断した時は「もうこの癌は治らない」という答えになってしまいます。
しかし、広告で見るような癌治療方法では末期から治った人や余命を告げられたのに癌が小さくなりその後何十年も生きているケースもあります。

 

 

それは病院で行う治療ではなくて病院が薦めていない治療方法で「治療」と言うよりは「療法」になるからです。
当然、一般的に認められていないので健康保険の適用になる療法は少ないです。

 

 

この病院がメインで実践しないが癌を治した実績がある療法を「代替療法」と一くくりで呼びます。
この代替療法は様々な療法があり効果がないものも多いですし、胡散臭い方法もあります。

 

 

しかし、効果があり、癌を治した実績もあります。可能性は低く、費用も高額になりやすいですが、ステージが「3」や「4」と高く、病院側から治療を諦められてしまった場合に実践する人が割合多いです。

 

延命措置への切り替えを告げられてから実践する人が多いですが、最近大病院側でも言われているのがステージが低い場合でも病院側の治療と合わせてこのような代替療法を実践する事で治療後の再発防止や転移防止にもなると言う事です。

 

 

また、治療の確実性が高まると言われています。
さらに、遺伝的に癌になりやすい人が癌になっていない状態で使う事も最大の予防策として薦められています。

 

遺伝的に癌になりやすいとは遺伝により「部分的な免疫力が弱い」か「癌細胞を抑制する細胞の活性が弱い」場合です。

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

 

 

スポンサードサーチ
TOPへ