食道癌の治療方法!ステージ4でも諦めない!


食道癌には大きく2種類のタイプがあります。

 

 

1つは、「扁平上皮タイプの癌」と言われ、皮膚の組織の表皮・真皮・皮下組織のうち表皮にある表皮角化細胞が悪性になり癌になった状態を言います
もう1つは、「腺癌タイプの癌」で腺の部位から出来る癌でこの腺上皮で発生する癌は円柱状や立方状の管腔を作っている事が多いのも特徴です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

食道癌の治療方法は大きく5つある!


食道癌が見つかれば確実性の治療で言えば当然手術です。しかし、食道の部位によっては切除する事で声帯系に障害が残ってしまいます。
医者によっては食道を切除しない方法で治す事が出来る場合もあります。

 

外科療法

食道癌が出来ている局所を手術で摘出する方法です。
食道と癌と付随したリンパ節も切除します。

 

化学療法

食道癌の場合に使われる事が多い抗がん剤の成分は「フルオロウラシル」と「シスプラチン」です。
一定期間を経過しても効果が得られない場合は違う抗がん剤へ変更していきます。

 

食道癌によく使われる抗がん剤
フッ化ピリミジン系 フルオロウラシル(5-FU)
プラチナ系薬剤 シスプラチン・ネダプラチン
タキサン系薬剤 ドセタキセル(タキソテール)・パクリタキセル(タキソール)

 

放射線療法

食道癌の放射線治療は大きく2種類の方法があります。
1つは対外から放射線を当てる方法で、もう1つは放射線が発生する物質を食道腔内に入れて照射する「腔内照射」方法です。

 

内視鏡治療

内視鏡を使う事で食道内側から癌細胞を切除する方法です。
内視鏡治療が出来る条件は食道の壁の粘膜の下層まででそれ以上浸食していない癌の場合でさらにリンパ節転移が微量もない事です。
内視鏡治療が出来る食道癌は早期癌のうちに発見する事が絶対条件になります。

 

代替療法

食道癌の場合の代替療法としては免疫を高める免疫療法や癌細胞を抑制させたり小さくすると言われるエキスの摂取、また食事療法などでも効果上げた人がいます。
しかし標準治療と言われる治療ではないので確実性は低いと言えます。個人差も抗がん剤以上に大きいと言えます。

 

 

 

ステージ4の食道癌の治療方法


ステージ4の食道癌は癌が食道の周囲に転移していたり、離れている臓器に遠隔転移している状態です。
この場合は内視鏡手術も通常の手術も不可能になります。

 

 

主な治療方法は放射線治療と化学療法を組み合わせる形で実施されます。
延命を希望するなら緩和ケアや痛みを和らげるモルヒネなどを服用する事になります。

 

 

少ない可能性ですが、治癒を希望するなら標準治療ではなくて代替療法など不確実性が高い療法に最後の望みを託すしかありません。
特に免疫を強めるタイプや癌細胞をやっつける細胞の活性化を促すような代替療法(民間療法)にて根治された例があります。

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ