腎臓癌の治療方法!ステージ4でもまだまだ!


腎臓癌は腎実質に出来る癌です。

 

腎臓の部位である「腎盂」に出来る癌は尿路上皮から出来た癌なので、「尿路上皮癌」、「腎盂尿管癌」と言われて別で扱われる癌になります。
腎臓癌は腎実質で出来る癌です。

 

幼い子供のみに発生するウィルムス腫瘍や肉腫などもありますが、一般的に腎臓癌と言うと成人以上に発生する癌になります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

腎臓癌の治療は大きく3つある!


腎臓癌の場合の治療で使う標準治療(手術・抗がん剤・放射線)は外科療法のみです。
通常の癌の3大療法とも言える外科療法、化学療法、放射線療法ですが腎臓癌には化学療法や放射線療法は効果がないとされています。

 

外科療法

腎臓と周囲の副腎や脂肪組織を切除する「根治的腎摘除術」と腎臓癌と周囲部分を切除する「腎部分切除術」の2つがあります。
「腎部分切除術」の場合は「腹腔鏡手術」や「ミニマム創手術」が出来ます。

 

根治的腎摘除術と腎部分切除術
根治的腎摘除術 通常手術
腎部分切除術 開放手術・腹腔鏡手術・ミニマム創手術を選べる

 

 

分子標的治療

癌細胞はタンパク質で増えるとされています。そのタンパク質を攻撃する事で癌治療をする方法です。

 

 

免疫療法

免疫を高める事で癌細胞を死滅させようとする方法です。医療機関の場合はインターフェロンやインターロイキンなどの薬剤で免疫を高めます。
民間療法の場合は主に漢方やサプリメント、ドリンク(エキス)などで免疫を高める商品もあります。

 

 

 

ステージ4の腎臓癌の治療方法


ステージ4の腎臓癌の場合は副腎や腸、すい臓などに転移している状態です。
外科療法である手術は不可能になります。

 

 

腎臓癌の場合は放射線や化学療法も効果がない場合が多いので腎臓癌のステージ4の場合は緩和ケアと平行して「分子標的治療」や「免疫療法」を実施を決める医者も多いです。

 

 

また免疫療法を取り上げると民間療法の場合、末期(ステージ4)から完治したケースなどがある事から最後の可能性をかけるなら医療的な免疫療法と並行して民間療法としての漢方やエキス、ドリンク、サプリメントなどの免疫を高める商品を考えるのも1つの方法です。

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ