腎盂尿管癌の治療方法!ステージ4でも可能性はある!


上部尿路と言われる場所が「腎盂」と「尿管」になります。

 

腎臓(腎実質)で尿が作られてその尿が集まる組織が「腎盂」と呼ばれています。
「尿管」は腎臓と膀胱を繋ぐ働きをしています。

 

 

この「腎盂」と「尿路」に出来る癌は治療方法がほとんど同じである為に「腎盂尿管癌」と呼ばれます。
この癌はほとんどが尿路の内側の尿路上皮(移行上皮)と呼ばれる粘膜に発生します。この場合、別名で「尿路上皮癌」とも呼ばれます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

腎盂尿管癌の治療方法は大きく4つある!


腎盂尿管癌の治療で代表的な方法は癌の3大療法です。
その他にも保険適用の有無はありますが代替療法で治ったケースもありますが通常病院での施術は保険が適用出来る方法のみの選択になります。

 

外科療法

腎尿管全摘除術が最も確実性が高く根治性が高いです。開腹手術が一般的ですが、リンパまで取る必要がないと判断された場合は腹腔鏡手術なども使えて傷跡が小さく済みます。
尿管のみの切除で問題ない場合や腎盂のみの切除で問題ない場合は、「尿管部分切除術」や「腎盂部分切除術」として腎保存をする手術方法があります。

 

化学療法

手術後の転移防止やすでに転移がある場合は手術をせずに化学療法のみの場合もあります。
「M-VAC療法」かシスプラチンとゲムシタビンを組み合わせる「GC療法」がメインになります。

 

放射線療法

X線を使用して癌細胞を抑制したり、縮小したりする方法です。根治性は手術のほうが高いですが、放射線と他の治療を合わせる事で高い効果を得られる場合もあります。

 

代替療法

標準療法ではないので健康保険は適用にならない事も多いですが、腎盂尿管癌のステージが高い人は標準治療と合わせて実践している人も多いです。特に免疫を強める免疫療法は効果を得ている人も多いです。

 

 

ステージ4の腎盂尿管癌の治療方法


転移がある腎盂尿管癌の場合は手術での治療は難しいです。
化学療法と放射線療法などを合わせて治療する事が多いですが、ほとんどが治療というよりは延命の為に実施しているような感じです。

 

 

 

総合病院や大病院では保険が適用になる標準治療(手術・抗がん剤・放射線)をメインに勧めますが、ステージ4の場合は病院内での実績の有無に関係せずに標準治療以外の代替療法なども取り入れてみると良いでしょう。

 

 

 

ステージ4までくると大きな病院側では延命の措置に移ってしまいますが、まだまだ諦めたくない場合は個人病院などで独自の癌療法を実践しているクリニックや医院を調べて訪れてみたり、癌が治ったと言われる漢方やエキス、濃縮サプリなども実践してみても良いでしょう。

 

 

延命を選ぶか可能性を選ぶかの選択を迫られる事になるでしょう。

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ