膵臓(すいぞう)癌の治療方法!ステージ4からでも療法がある!


膵臓癌はとても恐ろしい癌の1つです。
それは症状がほとんど出ない事です。症状が出ないのでステージが高くなってからの発見がほとんどになり手遅れという状態が非常に多い癌なのです。

 

 

統計によると膵臓癌の患者全体で手術療法が出来た患者は2割〜3割です。
残りはすでにステージが高く、手術不可能にて化学療法や放射線療法で治療よりも延命になってしまいます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

膵臓(すいぞう)癌の治療方法は大きく4つ!


膵臓癌の治療方法は大きく5つあります。
外科療法が最も確実ですが、残念ながら膵臓癌の場合は発見した時にすでに手術不可能なケースが多いのが現状です。

 

外科療法

膵臓のすべてか、一部を切除します。またリンパ節もまとめて切除する方法が一般的です。
手術方法はどの部位を切除するかで「膵体尾部切除」、「膵全摘術」、「膵頭十二指腸切除」があります。

 

化学療法

「ゲムシタビン」と「S-1」をメインで使用する事が多いです。
分子標的治療薬のエルロチニブをゲムシタビンとの併用で使用する事があります。

 

放射線療法

エックス線で治療する方法です。
また、重粒子線も膵臓癌に有効とされています。

 

免疫療法

癌は免疫が高ければ排除・死滅させる事が出来ます。
そんな免疫力を高める方法が免疫療法です。

 

 

「樹状細胞ワクチン療法」や「NK(ナチュラルキラー)細胞療法」「アルファ・ベータT細胞療法」などがあります。
免疫力を高めた事で癌を克服出来た実例はありますが、病院側の施作よりも民間療法でのケースが多いです。

 

 

ステージ4の膵臓(すいぞう)癌の治療方法


症状が出にくい膵臓癌では膵臓癌が見つかった時点でステージが3や4の状態が多いです。

 

 

そのような膵臓癌は病院側の治療ガイドラインに沿った治療方法だとステージが4の場合は治療と言うよりは延命の措置になる事が多いです。
延命の為の放射線や化学療法を実践する形が一般的です。治すのではなくて延命させるが目的になってしまいます。

 

 

しかし、標準治療が出来なければ治療が出来ないと言う大病院側とは反して独自の医院やクリニックでは免疫療法などの代替療法などで癌治療をするところもあります。また、免疫を向上させる漢方やエキス、食事療法などでもステージ4の膵臓癌を克服したケースもあるので完全に諦めるのは病院側だけと言ったほうが良いです。

 

 

病院側の意見を尊重するならその施術に従って延命をします。
ここで希望や少ない可能性にかけたいなら病院側の化学療法などと合わせて免疫療法などの代替療法を実践してみるのも最後の望みをかけた方法ですね!

 

知名度が高い免疫療法などには膵臓癌のステー4からの根治例もあります。

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ