精巣癌の治療方法!ステージ4から希望を!


精巣癌は男性の精巣に出来る癌で、「精巣腫瘍」、「睾丸癌」、又は「睾丸腫瘍(癌)」とも呼ばれています。
この精巣癌ですが、大きく2つのタイプがあります。「セミノーマタイプ」と「非セミノーマタイプ」です。

 

 

2つのタイプの精巣癌
セミノーマタイプ 化学療法と放射線療法も効果的なタイプの精巣癌
非セミノーマタイプ 放射線治療がほとんど効かないタイプの精巣癌

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

精巣癌の治療方法は大きく4つある!


精巣癌の治療方法は標準治療と代替療法の合わせて4つの治療方法が最もメジャーな治療方法です。

 

外科療法

癌が発生している方の精巣癌を摘出します。また、摘出する事で精巣癌のタイプを判断して予後治療を決めます。
精巣癌のタイプはセミノーマタイプか非セミノーマタイプがあります。

 

化学療法

BEP療法かEP療法がメインです。
薬の内容はBEP療法の場合はシスプラチン、エトポシド、ブレオマイシンが使われて、EP療法の場合はシスプラチン、エトポシド
の薬が使われる事になります。

 

放射線療法

精巣癌の放射線療法は精巣癌のタイプがセミノーマか非セミノーマかで実施の有無が決まります。
セミノーマタイプの場合のみ放射線療法が効果的なので放射線療法を実施する事になります。

 

代替療法

精巣癌の代替療法では免疫を向上させるタイプの代替療法(免疫療法)がメインになります。
また、民間療法の独自のサプリやエキスなどの摂取で末期の精巣癌患者でも癌を消す事が出来て、改善したケースがあり、確実性は低いですが、そのような代替療法もステージが高い精巣癌患者には施作の1つです。

 

 

ステージ4の精巣癌の治療方法とは!?


精巣癌の場合は他の癌と違い標準治療の化学療法や放射線療法に高い効果が認められる癌である為に治る可能性も高い癌の1つです。
しかし、それでも発見が遅れたり、治療の効果もなくステージが4の状態になってしまった場合は、代替療法を実施する事も1つの治療方法です。

 

 

精巣癌は化学療法の効果も高いので化学療法を実践しながら出来る代替療法が望ましいですね!
免疫を高めて癌を小さくさせるタイプの免疫療法や癌を死滅させる細胞の活性化を図る健康食品などを試すのも手です。

 

 

代替療法の多くは健康保険に適用がない為に費用との問題にもなりますが、費用の面がクリア出来れば末期やステージ4の癌はどんな癌でも代替療法に光があります。

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ