前立腺癌の治療方法!ステージ4からの戦い!


前立腺癌は男性のみに起こる癌です。前立腺は精液を作っている部位になります。場所は恥骨の後ろ側にあります。

 

 

 

初期には症状は少ないですが、症状が出る場合は排尿後のすっきりしない感や、尿漏れなど「前立腺肥大」の症状と似ています。
その為に「前立腺肥大」を心配して、病院に行き、結果、「前立腺癌」を告知されるケースも多いです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

前立腺癌には大きく6つの治療方法がある!


前立腺癌には標準治療と代替療法を合わせて大きく5つの対処方法があります。

 

外科療法

前立腺と精のうを摘出してから尿道と膀胱を繋ぐ手術が一般的です。
手術方法は様々で「恥骨後式前立腺全摘除術」や「会陰式前立腺全摘除術」、「内視鏡手術」、また「ロボットを使用する手術」まであります。

 

 

PSA監視療法

この療法は治療をしないで経過観察をする方法です。癌の症状と患者の負担を考えて治療をするまでもなく共存も出来ると判断した場合に選ばれる療法です。
PSAの数値を定期的に測定して上昇率などを考慮して経過観察となります。

 

 

癌の症状にもよりますが、特に死に直結していないと判断された場合に出来る療法になります。糖尿病患者が高血糖値と共存して生きる事と同じような感覚になりますが、それも精神的に辛い場合は医者との相談で「標準治療」を選択する事も可能です。

 

放射線療法

「経直腸的前立腺超音波検査」での確認をしてから放射線治療をします。
身体の外から当てる「外照射療法」と前立腺に放射線を出す線源を入れて実施する「組織内照射療法」があります。

 

 

ホルモン療法(内分泌療法)

前立腺癌の進行はアンドロゲンと言われる男性ホルモンと関係しています。
このアンドロゲンの分泌が防げれば前立腺癌を撤退させる事が出来ます。

 

 

ホルモン療法ではこのアンドロゲン(男性ホルモン)を勢いを抑えたり、縮小させる薬を投与する療法です。
また、前立腺癌が転移をしてしまってもその転移先は前立腺癌の種類になるのでこのホルモン療法は効果的になります。

 

 

化学療法

「ドセタキセル」や「カバジタキセル」を使用する抗がん剤治療が一般的です。

 

 

代替療法

癌細胞を抑制したり、死滅させる細胞を増殖させたり、癌を小さくしたり、死滅させる力がある免疫力自体を高める方法が実証例も多く一般的です。
代替療法は民間療法を含め様々な方法があるので実証の例が多い療法を選ぶのがポイントです。

 

また、末期やステージ4になってからではなくて補完代替療法の意味でステージが高くない状態でも標準治療と平行して実践すると効果が高まるだけでなく転移や再発予防効果にもなります。

 

 

ステージ4の前立腺癌の治療方法


ステージが3の後期や4の場合は転移がある状態の前立腺癌です。
転移があってもホルモン療法は効果があります。

 

 

ホルモン療法を実践しながら免疫系を高めるタイプの代替療法やNK細胞や他の癌を死滅させる力を持つ体内要素を活性化させる方法の代替療法などを実践するのが望ましいです。
代替療法は確実性は低いですが、実際に癌を死滅させた例もたくさんあります。

 

 

病院はステージ4の場合は延命の措置に移ってしまう事が多いですが、まだまだ諦めたくない場合はやはり代替療法がベストな方法だと思います。
ただ確実性が低い事と、完治した例が希望の光的な割合になってしまう事が多いのも事実です。

 

 

代替療法の有無は家族や費用との相談も不可欠ですね!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ