大腸癌の治療方法!ステージ4でもまだまだ!


大腸癌は他の癌と比べると癌の進行速度が遅いのが特徴です。
ステージが低い場合の大腸癌の場合は完治させる事も可能です。すべての癌に当てはまりますが、まさに早期発見が大切な癌ですね!

 

 

症状が進むと血便や貧血が起こる事があります。
遺伝性も強い為に家族に大腸癌の経歴がある場合は、下痢や便秘が続く症状が出てきたら早めの検査が必要です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

大腸癌の治療方法は大きく5つ!


大腸癌の治療方法は標準治療と代替療法を合わせて大きく5つあります。

 

内視鏡治療

早期に発見出来た場合のみ利用出来る手術方法が内視鏡治療です。お腹に大きな傷を付けない事と体力がない場合でも実施出来るのが魅力的です。
内視鏡の癌手術方法は「ポリペクトミー」、「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」、「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」の3つがあります。

 

 

3つの大腸癌の内視鏡治療方法
ポリペクトミー 癌の形状がキノコ状のように上が大きな突起になっている場合に手術可能
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 平べったい形の癌でも手術可能
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 癌の形状が複雑でも膜下層までも綺麗に切除出来る方法

 

 

外科療法(通常手術)

大腸癌の手術は癌細胞を切除する事と転移している場合が多い周辺のリンパ節を切除する「リンパ節郭清」を実施します。
皮膚に穴を空けてカメラと切除用具を入れるだけで手術が出来る「腹腔鏡手術」が出来る場合は腹腔鏡手術を優先します。

 

 

また大腸癌には結腸癌だけでなく直腸に癌が出来る直腸癌の場合もあります。
この場合は肛門を残せる手術である「括約筋温存手術」と、肛門を残せない手術の「直腸切断術」があります。
肛門が残せない場合は人工肛門になります。

 

 

化学療法

大腸癌の化学療法である抗がん剤は癌を死滅させる事よりも、癌細胞の成長を遅らせたり、再発防止の為に使用される事が多いです。

 

 

放射線療法

癌の症状を少しでも和らげる為や癌の進行を遅らせる為に使用される事が多いです。

 

 

代替療法

健康保険が適用にならない標準治療以外の方法ですが、代替療法の中にはステージ4の大腸癌でも根治させる事が出来た実例がある代替療法もあります。しかし、健康保険が適用にならないのは実証例が少ないのが現状だからです。

 

個別に研究している個人クリニックや個人施設などで受ける事が出来る他、癌細胞を死滅させるNK細胞を増殖させるエキスやサプリ、免疫力を高める漢方やドリンクなどがあります。

 

 

大腸癌のステージ4の治療方法


大腸癌のステージ4の場合の治療方法は一般的な病院で実施される場合は化学療法の抗がん剤と放射線療法を平行して実施する事が多いです。
この場合は癌細胞は死滅はしないのであくまでも延命の為の方法で治療ではないです。

 

 

ステージ4の大腸癌は総合病院や大病院では延命の措置がされる事が多いですが、個人クリニックや癌を研究している施設などでは治療方法が行われます。
しかし、そのような場合は健康保険が適用になる「標準治療」ではなくて、保険適用にならない代替療法がメインになります。

 

 

 

この代替療法は非常に個人差が大きい療法で、ステージ4の癌患者が治ったケース、完治したケースもありますが、多くの場合は治らずに亡くなってしまいます。
ステージ4の癌の場合の治療は大腸癌に限らず可能性で勝負するしかありません。可能性が少しでもあるのが代替療法です。

 

 

 

ステージ4の場合は身体中に癌が周っている状態なので免疫を強化したり、癌細胞を抑制させる体内成分を活性化したりして身体全体から癌を死滅させる方法がベターです。
完治の可能性は少ないですが、完治した例がある為、希望や可能性をかけるなら代替療法を実践するのも1つの方法ですね!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ