胆道癌の治療方法!ステージ4でも光を!


肝臓で作られる胆汁を十二指腸まで運ぶ道の事を総称して「胆道」と呼びます。
この胆道に出来た癌を「胆道癌」と呼びます。

 

 

胆道の部位によってさらに細かく「胆管癌(肝内胆管癌、肝外胆管癌)」、「胆嚢癌」、「乳頭部癌」に分ける事が出来ます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

胆道癌の治療方法には大きく5つの治療方法がある!


胆道癌の治療方法は標準治療と代替療法を合わせると大きく5つあります。

 

外科治療

胆道癌の場合は癌細胞の状態によっては胆道の他にも肝臓や十二指腸、膵臓なども手術が広まる可能性もある為に癌の外科療法の中でも難しい手術とされています。その為、手術をする事での死亡例も少なくありません。

 

 

レーザー治療

レーザー療法は癌細胞が発生している胆道の部位に内視鏡を入れて特殊な器具を使いそこからレーザーを直接癌細胞に照射する方法です。
レーザー治療が出来る場合はレーザー治療がベストですが、癌細胞が局所的である事が条件です。

 

 

化学療法

抗がん剤を使用して癌細胞を抑える療法です。ゲムシタビンやテガフール、ギメラシル、オテラシルカリウム、イリノテカンなどが代表の抗がん剤です。

 

 

放射線療法

通常の対外からの放射線治療だけでなく胆道癌の場合は「胆管腔内照射法」と呼ばれる胆管内から照射する放射線治療の方法があります。

 

 

代替療法

胆道癌の手術の場合は、胆道から様々な臓器に癌細胞が流れてしまう為に広範囲の手術になる事が多いです。
場合によっては手術を諦めるケースも珍しくありません。

 

その場合は通常抗がん剤や放射線治療などのその他の標準治療に切り替えるわけですが、正直手術以外の病院が薦める治療では胆道癌を根治させるのではなくて痛み緩和や延命的な措置になるケースが多いです。

 

 

ステージに限らず胆道癌の場合は身体全体の免疫力を向上させたり、癌細胞を攻撃する細胞などを活性化させる代替療法に望みがあります。
代替療法の場合は確実性が低いですが、根治された例もある為、望みはあります。

 

標準治療と平行して実践するのがベストでしょう!

 

 

ステージ4の胆道癌の治療方法


胆道癌の場合はステージ4に限らず、手術が難しい場合も多いです。
ステージ4を含め根治が難しいと病院から判断された場合でも身体全体に広がる胆道癌の場合は身体全体の免疫力を向上させたり、NK細胞や他の癌を死滅させる力がある体内要素を活性化させる事、また癌の為の食事療法などを徹底する事で根治された胆道癌患者もいます。

 

 

病院は手術が不可能と判断した場合は抗がん剤や放射線治療になりますが、ステージ4の場合、これらは延命の度合いが強いです。
特に胆道癌では効果は薄いとされています。

 

 

ステージ4の胆道癌患者の選択としては痛み緩和や延命の為に大病院が薦める標準治療を実践するか、免疫向上などや細胞活性化などの代替療法を実践するか、又は平行して標準治療と代替療法を実践するかになります。

 

 

根治の可能性が少しでもあるのは代替療法ですが、健康保険も適用されない為に費用が高額なデメリットと、根治されたケースはごくわずか(数パーセント)という確実性が低いデメリットがあります。

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ