咽頭癌の治療方法!ステージ4でも勝つ!


咽頭の部分に出来る癌が「咽頭癌」です。
咽頭は口から摂取した食べ物が通る器官なのでそこに癌がある事で食べ物がつかえたり、飲み込みにくい事があります。この咽頭癌は咽頭のどの部位に出来たかで症状が異なってきます。

 

 

 

主な症状としては呼吸がしずらい、食べ物が飲み込みにくい、喉がしみる(痛む)、首の圧迫感、口が開けづらい、難聴や耳鳴り、また脳神経の麻痺などの症状もあります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

咽頭癌の治療方法は大きく6つある!


咽頭癌の治療方法は標準治療と代替療法の計6つが現在のところメインの治療になります。

 

外科療法

咽頭は声を出すなどの重要な部位の為出来るだけ外科療法はしない事が鉄則ですが、その他の療法に効果がない場合はやむを得ず実施します。
特に下咽頭の場合は手術の可能性が高まります。

 

 

咽頭、下咽頭をすべて切除する方法や頸部食道のすべてを切除する方法がメインです。
癌細胞の状況によっては頸部食道の一部のみで対処できる場合もあります。

 

 

化学療法

咽頭癌の場合は、手術以外の標準治療と呼ばれる化学療法と放射線療法も有効とされています。
抗がん剤は放射線治療と合わせる事が出来る「フルオロウラシル」や「シスプラチン」が使われる事が多いです。

 

 

放射線療法

咽頭癌の場合は放射線の治療が有効な場合が多いです。癌に局所的に照射して癌細胞を死滅させる事が出来ます。

 

 

レーザー療法

レーザー療法は内視鏡の先端からレーザーを当てて癌細胞を死滅させる方法です。
熱で腫瘍を焼く「腫瘍焼灼法」と薬品を利用して光を集めて癌細胞を死滅させる「光線力学的療法」があります。

 

 

凍結療法

癌細胞を凍らせて死滅させる方法です。
冷凍手術器を癌細胞の部位に入れて超低温の炭酸ガスを吹き付けます。マイナス40℃に達すると癌は死滅すると言われています。

 

 

代替療法

咽頭癌を根治させる可能性がある治療の1つが代替療法の免疫療法やNK細胞などを活性化して癌細胞を死滅させる方法です。
しかし、根治した例はありますが、実例数が少ないので標準治療ではなく代替療法の一部になっています。

 

 

ステージ4の咽頭癌の治療方法


転移がある咽頭癌の治療方法については、病院で薦める化学療法や放射線療法も有効な場合も多いです。
通常の化学療法や放射線療法は延命の措置でしかない場合が多いですが、咽頭癌には効果が高い事もあり、ステージ4でも延命としてではなく治療として施術するケースも多いです。

 

 

その他にも咽頭癌には免疫を強くさせる免疫療法や食事療法などでも効果を出している患者も多い為に免疫療法も平行して実践するとより効果が高まります。
免疫療法や食事療法などは代替療法になるので病院側ではなくて独自に調べて自分に合う方法を見つける必要があります。

 

 

ステージ4の咽頭癌は標準治療と代替療法を合わせて実践するのが望ましい治療方法です!
そのような意味で最後まで根治の望みがある癌の1つだと思います!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ