5つのステージに分けられる癌!癌ステージ0〜Wの判定方法!


癌のステージは大きく5つに分ける事が出来ます。
それはステージ0からステージ5の5段階です。

 

 

癌の種類によってステージの判定は違ってきますが、基本的な癌の状態などはほぼ同じと考えて良いです。
以下癌状態による5つの癌ステージの分類です。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ステージ0の癌

ステージが0の場合の癌は癌が上皮細胞内のみに在る事です。この状態で見つける事は非常に難しいですが、発見が出来れば根治の可能性が非常に高いステージです。

ステージ0の治療方法 ステージ0の治療方法・余命・生存率

 

 

ステージ1(T)の癌

癌細胞が上皮細胞を超えて筋肉層の辺りまで入っている状態。
リンパ転移はなく、この状態なら手術で根治が可能なケースが多いです。

ステージ1の治療方法 ステージ1の治療方法・余命・生存率

 

 

ステージ2(U)の癌

ステージ2の癌は大きく2種類あり、1つはステージ1の癌と比べるとより深く浸潤している状態で広がりがある状態の癌です。
もう1つは広がり自体は大きくはないが、微量だがリンパ節への転移がある癌の状態です。

ステージ2の治療方法 ステージ2の治療方法・余命・生存率

 

ステージ3(V)の癌

ステージ3はステージ2の浸潤している癌のタイプよりもさらに広がりを見せている状態で、かつリンパ節への転移がはっきりと認められる状態の癌です。
この状態になると手術の可否は各々の癌の状態や癌の種類によります。
手術不可能となるケースも多いです。

ステージ3の治療方法 ステージ3の治療方法・余命・生存率

 

ステージ4(W)の癌

癌細胞がリンパ節のみならず、他の臓器などにも転移している状態の癌です。
ほとんどの病院では手術は不可能として実施してくれません。病院によっては緩和ケアとして治療は諦めて痛みを取る施術に切り替えるケースも多いです。

 

 

ステージ4の状態から癌を根治させた例のほとんどは病院側の治療ではなくて民間療法などの代替療法がメインになっていますが、それでも根治した患者数を調べると奇跡に近い数字になっています。

ステージ4の治療方法 ステージ4の治療方法・余命・生存率

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ