肺癌の治療方法!ステージ4でも延命ではなく治療を!


肺癌は肺の気管支や肺胞の細胞が癌細胞となった癌です。
肺癌の場合は進行すると周辺組織を破壊して血液やリンパの流れに沿って周辺の臓器などにも転移してしまいます。

 

 

 

種類はその場所によって@腺癌A扁平上皮癌B小細胞癌C大細胞癌に分ける事が出来ます。
また同じ肺癌だとしてもその癌そのものの違いから「非小細胞肺癌」と「小細胞肺癌」に分ける事が出来ます。

 

 

 

「小細胞肺癌」の場合は進行がはやく転移率が高いのが特徴です。
逆に「非小細胞肺癌」の場合は進行も遅く外科手術の治療もステージが3の後半でも可能な場合があります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

肺癌の治療方法は大きく6つある!


肺癌の治療方法は代替療法を含めて大きく6つあります。

 

外科療法

最も確実な方法が手術です。癌細胞を切除する事がベストな治療方法です。
肺癌でもどの部位に癌が出来たかで手術の方法が違います。

 

 

一側肺全切除術」、「リンパ節郭清手術」、「肺部分切除術」、「肺葉切除術」、「気管支形成術」などの手術方法があります。
「小細胞肺癌」の場合は手術可能なケースは少ないですが、「非小細胞肺癌」の場合は高いステージでも可能な場合が多いです。

 

化学療法

小細胞癌の場合は「エトポシド」、「アムルビシン」、「シスプラチン」、「イリノテカン」を組み合わせる方法で対応しています。
非小細胞癌の場合は「イリノテカン」、「ビノレルビン」、「ゲムシタビン」、「シスプラチン」、「カルボプラチン」、「パクリタキセル」、「ドセタキセル」を中心に組み合わせて使う事が多いです。

 

放射線療法

肺癌の場合の放射線治療は放射線治療単独で実施する事は少ないです。
科学療法と平行して実践する事で放射線治療の効果自体を高める事が出来るからです。

 

レーザー療法

気管支鏡や内視鏡を使い、口から挿入して癌細胞部分にレーザーを当てて癌を死滅させる方法です。
レーザー治療が出来る条件は内視鏡や気管支鏡の可動が可能な部位に癌細胞がある場合です。

 

遺伝子療法

癌細胞を抑制する遺伝子があります。その遺伝子を直接癌細胞に注入させる方法です。
癌細胞を弱らせる効果の他に抗がん剤の効果を高める役割もあります。

 

代替療法

肺癌に限らず癌を死滅させる方法の1つに代替療法があります。
免疫を高めるタイプや癌を死滅させる細胞などを活性化させるタイプの代替療法の場合は末期の癌からも完治の報告があるほど魅力的ではありますが、病院側が実施を薦める標準治療(手術・化学療法・抗がん剤)と違って確実性が低い事がデメリットでもあります。

 

 

ステージ4の肺癌治療方法とは!?


肺癌でステージが4の場合は小細胞肺癌でも非小細胞肺癌の場合でも手術が出来ません。
科学療法と放射線療法の組み合わせになるか、完治を諦める場合は緩和ケアと言って、治療ではなくて痛みを和らげたり、精神を安定させるターミナルケアになります。つまり、延命や出来るだけ苦しみがないように見取る態度になってしまいます。

 

 

 

肺癌のステージ4は放射線や抗がん剤などでは延命としか認められていないのが現状です。それが病院が取る対応になるでしょう。
しかし、ステージ4の肺癌患者でも肺癌をすべて消し去った人もいます。

 

 

そのような人が実践した多くの療法は代替療法です。免疫を強めたり、癌を殺す細胞を活性化させる為にドリンクやサプリメント、食事療法などを実践しています。
このような話をするとステージ4でも希望があるように思えますが、それでも病院が認める標準治療にはならず代替療法になるのは完治例が数パーセントと実践した人で癌が治ったケースが非常に少ない事にあります。

 

 

希望や少ない可能性にかけたい場合は代替療法も1つの方法ですが、出来るだけ苦しまないで終わりたいと考える場合は病院側が薦める緩和ケアを実践するのもありです。
どちらにしても最終判断は患者自身の判断になりますね!

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ