副腎癌の治療方法!ステージ4からの戦い!


副腎とは腎臓の上に位置する臓器で「副腎皮質ホルモン」を分泌する事で知られていますね!
この副腎と言われる臓器は三角の形をしていて左右1対づつあります。

 

 

また、表面部と内面部に分かれていて表面部を「皮質」と言い内面部は髄質と呼ばれています。
副腎皮質ホルモンは皮質から分泌されるホルモンです。

 

 

また、副腎癌の場合の腫瘍は良性のパターンも多いのですが、腫瘍がある事でホルモン分泌に異常をきたしてしまう為に悪性良性の有無無しに治療になります。
副腎癌の治療の特徴としては一般的な放射線治療をしない事です。副腎癌の場合には放射線治療による治療効果がまだ認められていないのです。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

副腎癌の治療方法は大きく4つある!


副腎癌の治療方法は標準治療や代替療法を含めて大きく4つあります。
標準治療の1つである放射線治療に効果が認められていない事も副腎癌の特徴です。

 

外科療法

副腎癌の癌細胞を摘出する外科療法です。
副腎は左右1対になっているのでどちらか片方の癌に侵されている副腎を摘出します。
ありがたい事に副腎が担う作用は片方あれば機能をしてくれます。

 

 

腹腔鏡手術

癌細胞が小さい場合に出来る治療方法です。
メス、鉗子、超小型カメラを挿入してモニターを見ながら癌を切除します。

 

 

化学療法

化学療法では「ミトタン」などのホルモン剤や「エトポシド」、「ドキソルビシン」、「シスプラチン」を混合した「EDP療法」などを実施する事もあります。

 

 

代替療法

副腎癌でも末期状態やステージが高い状態にある場合は民間療法や代替療法などを取り入れる場合も多いです。
大病院や総合病院では基本的に薦められる事は少ないのですが、ステージが高い場合には代替療法に根治の可能性があります。
あくまでも可能性である理由は実証例があまりにも少ないからです。

 

 

ステージ4の副腎癌の治療方法


ステージ4や末期と言われる状態の副腎癌の場合の治療方法は他のステージ4の癌と同じところは化学療法を使う事です。
放射線治療に効果が認められないので末期の治療と言えば大病院の場合は化学療法が主体になるでしょう。
しかし、その場合は治療ではなくて「延命」措置になります。

 

 

ステージ4の副腎癌で治療を目指したいなら代替療法に1つの希望があります。
副腎癌のみならずステージ4から完治したケースのほとんどは病院が薦める治療ではなくて民間療法や代替療法などと言われる療法です。

 

 

これらの療法は確実性が低いのでどの代替療法を実施するかで大きく違いが出てしまいます。
また個人差も非常に大きく、効果があった人とない人が大きく分かれる方法になります。

 

 

確実性が少ないという場合は病院側で薦める事は少ないと思います。代替療法を実施したい場合は代替療法を研究している独自のクリニックや施設、また代替療法の基本の免疫向上や癌を死滅させる細胞などの活性化を促す商品などの購入になります。

 

 

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ