膀胱癌の治療方法!ステージ4でもやっつけよう!


膀胱癌は尿路上皮が癌化した状態です。
ほとんどが尿路上皮癌ですが、扁平上皮癌や腺癌の場合もあります。

 

 

 

膀胱癌は画像などの診断で「筋層非浸潤性癌」、「筋層浸潤性癌」、「転移性癌」に分ける事が出来ます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

膀胱癌の治療方法は大きく5つある!


膀胱癌の治療方法は標準治療と代替療法などを合わせると大きく5つあります。

 

外科療法

通常の手術療法としては膀胱を全摘出する「膀胱全摘除術」をします。
部分的に切除しても再発の可能性が高いからです。

 

内視鏡療法

内視鏡療法は内視鏡を尿道口から挿入します。内視鏡から電流を流して癌細胞を死滅させます。この方法を「経尿道的腫瘍切除術」と呼びます。
しかし、膀胱癌でもステージ0のような初期でさらに表在性の場合にのみ有効とされています。

 

化学療法

膀胱癌の抗がん剤治療の場合は癌を死滅させる目的ではなくて再発予防や転移予防して手術後に実施する事が多いです。
また、病院や医者によっては手術前に抗がん剤を使用して手術をする場合があります。
手術前に抗がん剤を使用する事で治療効果が高まる事が分かっているからです。

 

放射線療法

放射線を使って膀胱癌の治療は浸潤癌に対してのみ使われる事が多いです。
放射線療法だけでなく化学療法を平行して実施する事でより高い効果が期待出来ます。

 

 

代替療法

癌細胞を死滅させる細胞の活性化を促す成分や免疫を強める成分を含んだサプリメントや漢方、エキス、ドリンクなどを摂取する事で膀胱癌を死滅させようとする療法がメインになります。
標準治療と比べると実例が少ないですが、ステージが高い場合でも実例があるので最後の望みとして実施する人が多い療法になります。

 

 

ステージ4の膀胱癌治療方法


ステージが4の膀胱癌の場合は転移が認められる状態の癌です。
この場合の治療方法は化学療法と放射線療法が一般的になります。

 

 

しかし、それでも治療と言うよりは病院側としては延命的な処置になってしまいます。
治すのではなくて命を延ばす事になるのです。

 

 

しかし、ステージ4の膀胱癌でも根治させた例が少なからずあります。
そのほとんどが代替療法です。病院側ではあまり薦める事がない代替療法は健康保険が適用にならない事が多く、信ぴょう性にかける商品などもあります。

 

 

そんな代替療法の中にも一定の人に効果が認められた方法もあります。そのほとんどは免疫を強化させるタイプや癌を死滅させると言われる細胞を活性化させるタイプです。
このような代替療法はサプリメントやドリンク、漢方、エキスなどの形で市販購入する事が出来ます。しかし、値段が高価な事が多く費用がある人の場合のみ可能な療法と言えます。

 

 

代替療法がより多くの人に効果が認められるようになれば国も健康保険の適用にしてくれるのでしょうけど、なかなかそうはいかず、一定の人しか効果を実現出来ないのが標準治療にはならない代替療法の大きなデメリットでしょうね!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ