確認!癌ステージ1(I)の治療・余命・生存率!


ステージ1の癌はステージ0の粘膜から少し奥に進み筋肉層に浸潤している状態になります。
浸潤していると言っても筋肉層までなのでリンパには届いていません。この状態の癌は転移の可能性が少ない癌になります。

 

 

癌ステージ1の治療方法


癌の種類にもよりますが、ステージが1の場合はステージ0と同様で手術による治療が可能です。
手術による治療方法は切除になるので癌を確実に取る事が出来ます。

 

 

筋肉層までなので転移も出来ない癌と言う事は確実に切除が出来れば再発の可能性を極限にまで少なくさせる事が出来るのです。
手術の執刀医の腕にもよりますが、微量でも癌細胞を残さない手術が根治のカギになります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

ステージ1の余命・生存率について


ステージ1の癌の余命や生存率(5年生存率)などは癌の種類によって大きく変わってきます。
患者数が多い癌を例に取ると、肺癌のステージ1の5年生存率は70%前後肝臓癌のステージ1は50%前後しかありません。

 

 

しかし、前立腺癌のステージ1の場合は80〜90%程度の5年生存率になっています。
ステージ1の癌は早期と思い安心する人も多いですが、癌の種類によっては通常のステージ3程度の生存率しかない悪性度が強い癌も存在します。

 

 

ステージ1の癌と診断されても、安心せずに、病院側の標準治療と合わせて代替療法なども実施して確実にこの状態からステージを上げさせてはいけません。
このステージ1の癌をステージ2に上がらせずに消し去る為には病院側の治療と合わせて代替療法も実施すると根治の可能性が高まります。
 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ