確認!癌ステージ0の治療・余命・生存率!


ステージが0の癌はそのほとんどが癌細胞自体が上皮細胞に留まっている状態になります。
上皮細胞は粘膜内で、最も外側の部分になります。筋肉層への浸潤もなく表面的に癌細胞が存在するのみです。

 

 

このステージ0の状態だとほとんどの場合、症状がありません。
見つける事は相当難しいですが、見つける事が出来れば癌細胞を根治出来る可能性は非常に高いです。

 

 

このステージ0の状態で完全に癌細胞を切除する事が出来れば転移の可能性はほとんどありません。
早期発見が大切と言われていますが、出来ればこのステージ0の状態の癌で見つかって欲しいものです!

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ステージ0の癌の治療方法


癌の種類によって治療方法は違ってきますが、大まかに言えばステージが「0」ゼロの場合は通常治療としては「手術」で確実に癌細胞を切除する事が出来ます。
また、癌の種類によっては内視鏡などを使って簡潔に手術を済ませる事も出来ますし、化学療法や放射線療法のみでも癌細胞を死滅出来る可能性もあります。

 

 

 

ステージ0の癌は癌の種類によって治療方法大きく左右されるのが特徴です。
化学療法や放射線療法のみでの実施もありますが、癌が発生したと言う事は転移や浸潤を防ぐ為に確実性が重要です。確実性なら「手術」がベストです。

 

 

 

ステージ0の癌の余命・生存率について


癌の種類にもよりますが、ステージが0の場合の癌は5年生存率で言えば生存率は90パーセント以上にもなります。
ほとんどの人が治療を行えば癌を根治する事が出来ます。当然余命もありません。

 

 

ステージ0の癌を治療するのに最も確実な方法は手術です。手術の場合も癌が粘膜内に留まっている為、比較的容易な手術の場合が多いです。
切開しなくても内視鏡手術などで小さな穴を数個開けるだけで根治出来る癌もあります。

 

 

癌をステージ0で発見して治療しても安心するな!?

ステージ0は安心ですって事を上述してきましたが、癌になった経験の有無が「有」になった事は事実です。
1度でも癌になった経験がある人は体が癌になりやすい癖がついています。

 

 

 

治療した癌は転移しなくても、癌になりやすい体質が治っていなければ「再発」は十分に有り得ます。
今後の人生は再発の有無の確認とにらめっこをして生きていく人生が待っています。

 

 

 

癌になりやすい体質を癌になりにくい体質に変える事が重要でこれは病院の薬では出来ません。
これを実現出来るのが代替療法と言われる癌にならない為に免疫力を付けたり、癌を抑制する細胞を活性化させたりする療法です。

 

 

 

癌の経験がある人や癌家系である場合は予防として代替療法を実践して生きる事が望ましいです。
サプリメントや高濃度エキスなどを定期的に摂取する事も効果的ですが、毎日の食事を見直すだけの食事療法も癌の予防に効果的です。

 

 

さらに人間はプラス思考でいると免疫力が高まります。これを利用した療法なども合わせて実践していくと癌予防にもなりますし、癌を持っていても代替療法として癌を小さくしたり、抑制する効果が認められています。

 

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ