確認!癌ステージ4(W)の治療・余命・生存率!


ステージ4の癌は末期の癌と言えます。癌細胞が筋肉層よりも深く浸潤してかつ広がりがあるステージ3の癌の状態よりもさらに広がりがあります。
また、転移にしてもリンパ節や周辺だけではなく、原発部位から離れている臓器などに転移している状態です。(遠隔転移

 

 

癌の場所が1箇所でなく複数に渡るので手術では不可能な事が多いのが実情です。
いわゆる余命宣告を医者から告げられる最終ステージになってしまいます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

ステージ4の癌の治療方法


どの種類の癌もどのタイプの癌もステージ4の場合は基本的に手術は行わない方針です。
稀に手術箇所が大きく2箇所で済む場合などで手術を実施する場合もありますが、相当稀なケースです。

 

 

 

ステージ4の癌の治療方法はほとんどが化学療法や放射線療法です。
病院側では実績があり、データがある標準治療をメインに考えているのでこれらの治療方法になります。

 

 

 

結論から言うと化学療法や放射線療法のみでステージ4の癌を根治する事は相当難しいです。
このステージ4の場合は代替療法などを実施するのも1つの方法です。

 

 

代替療法だとステージ4でも根治例がある!?

ステージ4の治療方法としては手術不可能の為に化学療法がメインになると思います。
しかし、実際に化学療法としての抗がん剤では根治はしません。症状を緩和させたり延命の措置でしかありまえん。

 

 

しかし、このステージ4から癌の根治を達成した人もいます。
それらの患者は皆代替療法と言われる病院側が薦める標準治療以外の治療を実施しています。

 

 

この代替療法でも特にステージ4から根治したケースに多いのは免疫を強める漢方やエキス、サプリメントの摂取、また、癌細胞を抑制したり死滅させる力があるとされる細胞の活性化を図る健康食品などの摂取です。

 

 

また、海外では癌に対する考え方で癌を悪と考えずに体内の一部と考えて生きる方法やすでに癌が体から無くなっていると考える療法、また癌に可愛らしい名前を付けて共に生活する気持ちになる療法、また常に笑って生活するなど精神的にプラスになり免疫を上げる療法も取り入れられています。

 

 

しかし、これらの代替療法などはデータによる実証は無く、治ったという人の口コミや噂などが多く、大きな病院などでは基本的に薦めていませんが、実際に根治した例もある為ステージ4の癌で病院側からは治療を諦め緩和ケアに移す処置がなされた場合には考えても良い1つの方法になるかもしれません。

 

 

実践した人で根治したり、癌が治ったケースは全体の数%かもしれないですが、可能性がゼロではない限り実践してみる価値はあると思います。
あとは費用との問題ですね!

 

 

ステージ4の癌の余命・生存率について


ステージ4の癌の余命や生存率は大変厳しい数字になります。
甲状腺癌などの癌でも生存率が高い癌の場合だと望みがある数字になりますが、それ以外の通常の癌でステージ4になってしまうと5年生存率はほとんど15%以下の数字になります。

 

 

膵臓癌にしてはステージ4の状態だと約1%しか生きられないという衝撃的な数字になってしまいます。
余命も医者の判断によりますが、ほとんどが半年以内と告げられる事が多いでしょう。

 

 

絶望的な5年生存率でも、早い余命宣告だとしても緩和ケアに移らずに治療する方法は現在のところ代替療法しかないでしょう。
この末期状態から癌を克服したケースは海外のデータを見てみても病院側の癌の3大療法(手術・抗がん剤治療・放射線治療)ではなく民間療法を含む代替療法が挙げられます。

 

 

しかし、それでもステージ4から克服した人は代替療法実践者全体の数%と言う驚愕的な数字でしかありません。

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ