ステージ4の癌は代替療法で治せる!?


新聞や広告などで癌が消えた、癌が治ったなどの広告を見た事がありませんか?
あのような広告を出している商品のほとんどが代替療法と言われる療法で、サプリメントやドリンク、エキス、粉末などの毎日の摂取で免疫を上げたり、癌細胞に効果がある体内の細胞や構成要素などを活性化させるタイプの商品です。

 

 

 

若い人の多くが癌にならないのは強い免疫や癌の抗生作用がある何かを持っていると言われています。
また、若い人で癌になる場合は癌になった箇所の免疫などの力が年齢平均よりも低かったなどの研究論文の発表もあります。
また遺伝するのは癌ではなくてその免疫の弱さや癌を追い払う素質を持った何かが生まれつき低い為に癌になりやすいとも言われています。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

ステージ4の癌患者も代替療法などでそのような力を高めようとしますが、大半は効果を感じる事が出来ず終わっていきます。
また、効果が出てもステージ的に間に合わなかったなどのケースも多いです。

 

 

結果として言うとステージ4の癌を代替療法で根治させた例はあります。病院側ではステージ4になると治療をしてくれず緩和ケアになってしまうケースが多いですが、それでも諦めずに自分なりに調べて自分に合う代替療法を見つけた人のみの功績でもあります。

 

 

代替療法は日本だけでなく海外の療法も含めると数え切れないほどの数が存在しています。
しかし、その多くが民間が商品として売り出しているので誇大広告もあるし、効果に疑問視がある商品も多いです。

 

 

効果があった代替療法も他の人には全く効果がなかったというケースも多いです。
代替療法でステージ4の癌は治せるかもしれないけど、治せた人の数は代替療法の実践者の数パーセントです。

 

 

ステージ3やステージ2の場合に代替療法を実践するとまた根治例は上がるのでしょうけど、緩和ケアに移る状態のステージ4から代替療法を始めるとすると代替療法の効果が現れる前に癌により死亡してしまう可能性もあります。

 

 

根治例の数的に言えば「代替療法で癌を治す事は可能」と考えられます。
しかし、ステージ4から代替療法を始めるのではなくて、ステージが低いときに病院側が実施する標準治療と合わせて補完的に代替療法を実施するのが最もベターな方法と言えます。

 

 

少しでも転移があれば化学療法+代替療法がベスト!


癌が原発部位のみでリンパ節にも全く転移がない場合は手術が確実な治療方法になります。
そのようなケースでも手術で根治するのは確実に癌が取れた場合のみで、0.1ミリでも癌が体内のどこかに残っていればやがて大きくなり再発や転移を起こします。

 

 

 

より確実と言える方法はすべての癌細胞を消す事です。これは手術よりも体全体に薬をまわす化学療法が理論的には確実な方法ですが、残念ながら現在の抗がん剤で確実な薬はまだありません。だから癌の死亡率は常に上位にあるのです。

 

 

 

また、代替療法などで免疫や癌細胞を死滅させる体内構成要素を活性化させてもまだ癌が消えないケースも多いです。
少しでも癌の原発部位から転移が見られる場合は確実性はないですが、代替療法と病院側の化学療法が根治の可能性がある療法になります。

 

 

 

無数にある代替療法の中でも出来るだけ根治例が多い代替療法や自分に合う代替療法を見つける事が癌を治す真の方法なのです。
病院側が実施する化学療法の抗がん剤も1つの種類や組み合わせが効果がなかった場合は違うタイプの抗がん剤を試すのも手です。
抗がん剤も代替療法と同じで効果がある人もいれば、効果がない場合もあります。

 

 

自分に合う抗がん剤を見つける事が病院側の癌を治すキーワードだとしたら、民間側の癌を治すキーワードは自分に合う代替療法と言えるでしょう。
この自分に合う抗がん剤や代替療法が本当に難しいのです!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ