胃癌の治療方法!ステージ4でも可能性あり!


胃癌の治療方法で代表的な治療は手術です。
開腹手術により胃の一部を切除する事、場合によっては胃のすべてを切除する可能性もあります。

 

 

早期やステージ数が低い場合には内視鏡を使用する「腹腔鏡手術」が出来て身体を大きく切開する必要がなくなります。
肉体的な負担が少ないのでまずは「腹腔鏡手術」が出来るかどうかを医者が判断します。

 

 

また、あまり知られていないのが胃だけではなく胃の周囲のリンパ節も切除する事です。
胃癌は転移の率も高いので癌付近のリンパは事前に転移を防止する為に切除します。

 

 

また手術後は転移を防ぐ為にも抗がん剤などの化学療法や放射線治療を行うのが通常です。
またステージが高い場合や転移が見られる場合などは漢方やサプリメントなどの代替療法を合わせて実践する人も増えています。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

胃癌対策
胃癌対策@ 腹腔鏡手術
胃癌対策A 手術(胃全摘出)
胃癌対策B 手術(胃一部切除)
胃癌対策C 化学療法・放射線治療
胃癌対策D 代替療法(漢方・サプリなど)

 

 

 

 

 

ステージ4の胃癌治療方法


ステージ4の胃癌は末期の胃癌です。手術は不可能になるので、基本的には化学療法の抗がん剤治療になります。
しかし、抗がん剤を使用しても完治の可能性は少ないです。

 

 

この時期には標準治療以外の「代替療法」を実施する人も多いです。
可能性は少ないですが、末期癌の進行を抑えたり、人によっては癌を死滅さえる事もあります。

 

 

このような代替療法で癌が治る人は全体の数%ですが、それでも少ない可能性にかけても良い時期だと思います。
サプリメントや漢方などで治す方法や精神をコントロールする免疫療法などを実施する人も多いようです。

 

 

抗がん剤の可能性もゼロではないので抗がん剤と合わせての補完代替療法と言う形が望ましいですね!
抗がん剤の治療費用が心配な場合は高額医療費制度もあるし、「限度額適応認定証」の取得もあるのであまり深く悩まずに医療事務の方や市役所、がん相談支援センターなどに相談してみましょう。

 

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ