抗がん剤の種類一覧まとめ!こんなにある抗がん剤!


癌患者に化学療法して使用される抗がん剤の種類をまとめています。

 

 

抗がん剤は2つに大別する事が出来ます。
1つはDNA合成を阻害させるタイプの抗がん剤で「殺細胞性抗悪性腫瘍薬」と呼ばれます。
もう1つが「分子標的薬」と呼ばれ癌細胞を中心に働きかけてくれる抗がん剤です。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

殺細胞性抗悪性腫瘍薬の種類のまとめ

アルキル化薬

DNAに「アルキル基」と言われる原始を組み込ませる方法です。このアルキル基が割り込む事でDNAの形を変化させます。(アルキル化)
このような形にする事で細胞分裂の時にDNAコピーが出来なくなる為に癌細胞の抑制に繋がります。

 

アルキル化薬@ イホスファミド(イホマイド)
アルキル化薬A シクロホスファミド(エンドキサン)
アルキル化薬B ラニムスチン(サイメリン)
アルキル化薬C メルファラン(アルケラン)
アルキル化薬D プロカルバジン(塩酸プロカルバジン)
アルキル化薬E ブスルファン(ブスルフェクス、マブリン)
アルキル化薬F テモゾロミド(テモダール)
アルキル化薬G ニムスチン(ニドラン)
アルキル化薬H ダカルバジン(ダカルバジン)

 

 

代謝拮抗薬

DNA構成要素に似ている要素から作られた薬剤です。
本物と間違わせる事が目的で、癌細胞の細胞分裂を抑える目的があります。

 

代謝拮抗薬は、拮抗をするものにより、「プリン拮抗薬」「ピリミジン拮抗薬」、「葉酸拮抗薬」に分けられます。

 

ピリミジン拮抗薬@ フルオロラウシル
ピリミジン拮抗薬A テガフール・ラウシル
ピリミジン拮抗薬B テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム
ピリミジン拮抗薬C カペシタビン
ピリミジン拮抗薬D シタラビン
ピリミジン拮抗薬E ゲムシタビン
ピリミジン拮抗薬F エノシタビン
プリン拮抗薬@ メルカプトプリン
プリン拮抗薬A フルダラビン
プリン拮抗薬B クラドリビン
葉酸拮抗薬@ メトトレキサート
葉酸拮抗薬A ペメトレキセド
上記以外の代謝拮抗薬 トリフルリジン・チピラシル塩酸塩

 

 

抗がん性抗生物質

癌に対して抗生を持つ薬剤です。癌のDNA細胞の中で合成を妨げる効果があります。
癌細胞の正常コピーを防ぐ目的です。

 

抗がん性抗生物質@ マイトマイシンC(マイトマイシン)
抗がん性抗生物質A ブレオマイシン(ブレオ)
抗がん性抗生物質B アムルビシン(カルセド)
抗がん性抗生物質C イダルビシン(イダマイシン)
抗がん性抗生物質D ダウノルビシン(ダウノマイシン)
抗がん性抗生物質E ドキソルビシン(アドリアシン)

 

白金製剤

プラチナから生成します。DNA構成要素の「プリン塩基」に結合して癌細胞コピーを阻害させます。

 

白金製剤@ ブリプラチン・ランダ・プラトシン
白金製剤A カルボプラチン(パラプラチン)
白金製剤B オキサリプラチン(エルプラット)
白金製剤C ネダプラチン(アクプラ)

 

 

微小管阻害薬

癌細胞の細胞分裂の時に必要なのが「微小管」です。
微小管阻害薬はこの微小管の働きを阻害させる事が出来ます。癌細胞は癌細胞コピーまではしてしまいますが、その後は通常細胞に移す事が出来なくなります。

微小管阻害薬@ ビンクリスチン(オンコビン)
微小管阻害薬A ビンデシン(フィルデシン)
微小管阻害薬B ビンブラスチン(エクザール)
微小管阻害薬C ビノレルビン(ナベルビン)
微小管阻害薬D パクリタキセル(タキソール)
微小管阻害薬E ドセタキセル(タキソテール)
微小管阻害薬F パクリタキセルアルブミン懸濁型(アブラキサン)

 

 

トポイソメラーゼ阻害薬

DNA情報をコピーさせる過程でDNA螺旋構造をほどく必要があります。それに必要な要素が「トポイソメラーゼ」ですが、このトポイソメラーゼを阻害させる事でDNA情報のコピーを防ぐのが目的です。
トポイソメラーゼ阻害薬はT型を阻害する「カンプトテシン誘導体」と、U型を阻害する「エピポドフィロトキシン系」があります。

 

カンプトテシン誘導体@ イリノテカン(カンプト・トポテシン)
カンプトテシン誘導体A ノギテカン(ハイカムチン)
エピポドフィロトキシン系 エトポシド(ラステット・ペブシド)

 

 

分子標的薬の種類のまとめ

シグナル伝達阻害薬

癌細胞が増殖するのには必要なシグナル伝達がありますがそのシグナル伝達を阻害させる働きがある薬剤です。

 

シグナル伝達阻害薬@ チロシンキナーゼ阻害薬
シグナル伝達阻害薬A イマチニブ(グリベック)

 

血管新生阻害薬

癌細胞の広がりに対して新しい血管の生成が出来ないようにする阻害薬です。

 

血管新生阻害薬 ベバシズマブ(アバスチン)

 

抗体薬

抗体は1つが1つの抗原だけを認識します。これを利用て癌細胞を抑制させる薬剤です。

 

抗体薬@ トラスツズマブ(ハーセプチン)
抗体薬A セツキシマブ(アービタックス)
抗体薬B パニツムマブ(ベクティビックス)
抗体薬C ベバシズマブ(アバスチン)
抗体薬D リツキシマブ(リツキサン)
抗体薬E イブリツモセブ・チウキセタン(ゼヴァリン)
抗体薬F ゲムツズマブ・オゾガマイシン(マイロターグ)
抗体薬G デノスマブ(ランマーク)

 

ビタミンA誘導体

ビタミンAは細胞の遺伝子の核に入る事が出来ます。またその遺伝子の発現をコントロール出来る事から癌対策に使われます。

 

ビタミンA誘導体@ トレチノイン(ベサノイド)
ビタミンA誘導体A タミバロテン(アムノレイク)

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ