陰茎癌の治療方法!ステージ4でも諦めない!

 

陰茎癌はとても症例が少ない癌の1種です。男性のみの癌で癌の発症別の比率を見てみると0.5%未満で50万人に1人の割合になります。
高齢者に多く見られる癌です。

 

 

 

陰茎癌の主な治療方法について


大きく陰茎癌の治療方法を分けると7つあります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

鼠径リンパ節廓清

鼠径リンパ節と言われる陰茎付近のリンパに転移が見られる場合の手術です。
鼠径リンパ節を摘出します。

 

放射線療法

陰茎癌が小さい場合には適応になります。陰茎付近へ放射線を当てる事で尿道狭窄などの副作用が起こる事があります。

 

 

化学療法

抗がん剤治療の方法です。手術不可能の陰茎癌に対して行われる事が多いです。
使う抗がん剤はブレオマイシン・ビンクリスチン・メソトレキセートを混合して投与したり、シスプラチンと5−フロオロウラシル(5-FU)を混合して投与させる事が多いです。

 

 

陰茎温存手術

陰茎癌の種類によってはレーザー治療も可能です。レーザー使用の治療は陰茎が温存されるので陰茎温存手術の1つです。
さらに包皮部分のみの癌であれば包皮環状切除術で治す事が出来ます。この手術も陰茎を残すので陰茎温存手術になります。

 

 

陰茎部分切断術

陰茎の先に出来た癌は先端を切除する事で治す事が出来ます。
陰茎を全部切除しているわけではないので、立ったままの排尿が可能です。

 

 

陰茎全切断術

陰茎癌の大きさや進行度合いが高いと陰茎部を全部切除する必要があります。
手術後は人工的な尿道口が作られて立ったままでの排尿は難しくなります。

 

 

代替療法

陰茎癌の代替療法は免疫を強くする免疫療法やサプリメントや漢方で治癒させる方法もあります。
根治性や確実性は高くないので標準治療と合わせての補完代替療法として実践するのが望ましいです。

 

 

 

陰茎癌のステージ4の治療方法は!?


陰茎癌もステージ4になると陰茎部分から一歩先の骨盤内のリンパ節に転移がある状態です。
また人によって臓器までにも転移する事があります。

 

 

 

このような転移が確認された末期症状の陰茎癌は他の癌と同様に手術での治療は難しく、抗がん剤治療などの検討に入ります。
また、医者によっては代替療法を薦められます。

 

 

特に漢方系の代替療法の場合は治ったとの例もあり、最後の可能性をかける架け橋にもなっています。
しかし、確実性を求めるなら抗がん剤治療や放射線治療と平行して代替療法を実践するのが望ましいですね!

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ