甲状腺癌の治療方法!ステージ4だとしても!


のどぼどけの下あたりにあるのが甲状腺です。甲状腺ホルモンと言われる成長促進系ホルモンを出している事でも知られている部位ですね!
気管を囲むように位置しています。

 

甲状腺癌は@乳頭癌、A濾胞癌、髄様癌、未分化癌の大きく4つに分類されます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

乳頭癌

進行が遅い。リンパ節への転移も多い

 

濾胞癌

血液の流れに乗って転移する事が多い

 

髄様癌

進行が速い。肝臓への転移が多い。

 

未分化癌

高齢者に多い。進行が速い。悪性の度合いが強い。転移率も高い。

 

悪性リンパ種

悪性リンパ腫が甲状腺に出来る場合があり、これを甲状腺癌の1つとする場合もある。

 

 

 

 

甲状腺癌を治す7つの治療方法


甲状腺癌を治療する為の7つの治療方法があります。
癌の進行度合いや状態によってどの治療をするかが決まります。

 

外科療法

癌細胞を局所的に切除する方法。この方法が出来れば最も確実性が高い治療方法です。

 

化学療法

抗がん剤の使用で癌細胞を死滅させたり、抑制させる方法です。

 

免疫細胞療法

免疫力を倍増させる方法です。免疫系の細胞を体外に出して力を付けます。その細胞を体内に戻す方法です。

 

放射線療法

放射線による代表的な標準治療の1つです。

 

陽子線治療

癌細胞に的を得て攻撃が出来る方法です。他の細胞を傷つける事を防ぎます。

 

重粒子線治療

進行癌に見られる低酸素領域があっても治療可能です。

 

代替療法

治療の代わりに行われる方法と治療と合わせて行われる方法があります。
確実性は低いですが、希望や可能性がある療法として注目を浴びています。

 

 

ステージ4の甲状腺癌の治療方法


甲状腺癌のステージ4は末期で、甲状腺だけでなく外側も癌に侵されている状態です。頸動脈リンパ説や食道、気管、胸上部にまで広がっている事が多いです。

 

 

このような多くの転移が見られる甲状腺癌の場合は、標準治療としては化学療法(抗がん剤)と緩和ケアが一般的ですが、少ない可能性にかける人は免疫を強めたり、癌細胞を死滅させる力がある体内要素を活性化させるような「代替療法」を実施する事が多いです。

 

しかし、代替療法は確実性が低く、希望値でしかありませんが、それでも根治例があるので最後の望みとも言えますね!

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ