後腹膜癌(腫瘍)の治療方法!ステージ4でも信じる!


後腹膜癌とは後腹膜の部分(主に腹部の後側)に出来た癌です。
一般的には後腹膜腫瘍と言われますが、良性も悪性も多く後腹膜癌と言われているのは悪性の後腹膜腫瘍を指します。(医学会では悪性の肉腫であって癌と区別する事もあります)

 

後腹膜腫瘍
悪性の後腹膜腫瘍 悪性リンパ腫・脂肪肉腫・平滑筋肉腫・線維肉腫
良性の後腹膜腫瘍 神経鞘腫・血管腫・脂肪種・奇形腫

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

後腹膜癌の治療は大きく4つの方法がある!


後腹膜癌(悪性腫瘍)の場合は標準治療としての外科療法、化学療法、放射線療法があります。
また、転移などが見られる場合には補完代替療法なども合わせて行われる事も多いです。

 

外科療法

後腹膜癌が局所的な場合に限り実施出来ます。

 

化学療法

抗がん剤を使う方法です。悪性の腫瘍にしか効果がありません。

 

放射線療法

後腹膜腫瘍が悪性の場合に限り効果があります。

 

 

後腹膜腫瘍のステージや再発について


後腹膜癌(腫瘍)は良性も悪性も含めて実証例が少ないのが特徴です。後腹膜腫瘍は切除しても再発を繰り返しやすい事でも知られています。
後腹膜腫瘍の場合は初期症状がほとんどないので発見される時はすでに高いステージにある事が多いです。

 

 

腫瘍が出来る部位の仕切りが難しく、どの担当医が担当するかが難しい手術の1つになります。
完全に転移がない場合は手術が第一ですが、転移がある場合は抗がん剤や放射線で治療する事が多いです。

 

 

また、後腹膜部分のどこに腫瘍(癌)が出来るかでも治療方法は違います。
代替療法などの免疫療法を平行して実践する場合も多いようです。

 

 

免疫を一般の人と同様に強くさせる事が出来れば体内のどこに癌があっても縮小させ死滅させる事が出来ます。
しかし、代替療法の数は無数にありますが、根治例があった代替療法はその中のごく一部です。

 

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ