悪性骨腫瘍(癌)の治療方法!ステージ4でも希望を!


骨に出来る癌である「悪性骨腫瘍」は大きく2つに分ける事が出来ます。
骨から発生した事が始めの癌の場合は「原発性悪性骨腫瘍」と呼び、他の部位や臓器に出来た癌が転移した形で骨に出来た癌の場合は「続発性悪性骨腫瘍」(転移性骨腫瘍)と呼びます。

 

 

 

また、原発性悪性骨腫瘍は症状や出来る部位によって「骨肉腫」、「軟骨肉腫」、「ユーイング肉腫」、「悪性線維性組織球腫」、「線維肉腫」、「血管肉腫」、「脊索腫」、「アダマンチノーマ」などに分ける事が出来ます。

 

 

2つの悪性骨腫瘍
@原発性悪性骨腫瘍 骨に出来た癌が始めの場合で骨肉腫をメインに様々な種類がある
A続発性悪性骨腫瘍 他の部位や臓器に出来た癌が転移して骨に出来た場合

 

 

スポンサードサーチ

 

 

悪性骨腫瘍(癌)の治療方法は大きく4つある!


悪性骨腫瘍の治療方法は、外科療法、放射線療法、化学療法、代替療法の4つがメインです。

 

外科療法

悪性の腫瘍の場合、微量でも腫瘍を残してしまうと高確率で再発したり転移します。
微量も残さない外科技術が必要な手術療法です。

 

放射線療法

悪性骨腫瘍の場合は手術が第一で、手術が難しい場合や手術後に放射線治療を行う事が多いです。放射線治療のみでの完治は簡単ではありません。

 

化学療法

抗がん剤の治療方法です。悪性骨腫瘍の癌の中でも骨肉腫とユーイング肉腫については非常に有効とされています。
実証例も高い為に効果は期待出来ます。

 

代替療法

様々な代替療法がありますが、悪性骨腫瘍に考える事が出来て望みがある代替療法は免疫療法です。
免疫を高める方法は様々ですが、実証例が高いものを選ぶ事も大切です。また、放射線や化学療法と平行して実践する補完代替療法として実践するのが望ましいです。

 

 

ステージ4の悪性骨腫瘍(癌)の治療方法


ステージ4の悪性骨腫瘍の治療方法としては手術後の化学療法が無難な方法です。ステージ3、ステージ4の悪性骨腫瘍はあくまでも延命としての化学療法になる場合も多いですが、原発性悪性骨腫瘍の骨肉腫とユーイング肉腫の場合は高いステージだとしても有効な場合も多いです。

 

 

また、望みをかけるなら代替療法が良いでしょう。免疫を高めるタイプの代替療法〈免疫療法)の場合はステージ4でも海外では改善した例もあります。
少ない確率ですが、可能性にかけるなら代替療法で、延命をするなら化学療法(抗がん剤)でしょう。

一定の評価がある代替療法(民間療法)

TOPへ